格安航空券で乗るときには時間に要注意

あなたは、飛行機に乗るときには飛行場へどのくらい前についていますか。やっぱり多くの人は1時間前くらいには着いているでしょう。早めにいって手続きを済ませた方が安心です。

飛行機に乗るときには、いろいろと時間を気にしないといけません。特に格安航空券を使うときにこそ、意識も必要となってくるのです。

買う前から時間を意識しよう

まず、格安航空券を買う前から時間も意識しておくといいでしょう。というのも、もともと格安で安くなっていますが、さらに安くなることがあります。
早割も行われているからです。格安航空会社の方が大手のJALやANAよりもその日数も細かくて、7日前、5日前、3日前、1日前もあったりします。ですので、買うときから日や時間も意識すると得することとなります。

なお、格安航空会社によっては定時通りに出発するかの確率が変わってきます。調査によって、定時通りに飛ぶかのランキングがあります。もしも遅れてはならない用事であれば、時間遅れも踏まえて早めの便にするか、格安航空会社自体からよく考えて選んだ方がいいでしょう。

搭乗手続きでも時間を意識しよう

飛行機場へついたら、搭乗手続きです。その時には、空港や格安航空会社によって専用カウンターの有無が変わってきます。また場所も広い空港の端だったり、探しにくかったり、他の航空会社と共有なんてこともあります。

時間ギリギリに飛行機場へ着いたら、探すので大変だったなんて話もあるくらいです。また、手続きや保安検査場追加も20分前までに済ませておくなど制限もあったりします。それを守ることも踏まえて、早めに飛行機場へついた方が良さそうです。

なお、搭乗手続きではすでにチケットを持っていればいいのですが、受け取りをしないといけないときもあります。ネット購入したときはスムーズに行えるようにやり方も確認しておきましょう。

飛行機の出発の時間はどうなっているのか

多くの格安航空会社では、航路も限られています。そして、出発の時間も午前に1本、午後に1本、夜に1本なんて風にも少なかったりします。
しかし、大手のJALやANAと比べて早朝便や深夜便があったりして、意外と出発の時間の幅は広かったりします。
深夜便で移動すれば、目的地の行動時間も増やせるといったメリットもあります。

なお、飛行機の飛んでいるフライト時間自体は大手のJALやANAの飛行機と比べてもそれほど差はありません。乗り心地については少し悪いとの声が多いです。ですが、フライト時間は変わらなければ我慢もできるでしょう。

格安航空券で乗るときは時間にも注意しましょう。そうしないと乗れずに損するかもしれません。

関連記事:

  ← 前の記事: