運賃が安くなる仕組みとは?

格安航空券は何故安いのか?
その仕組みを知りたいと思いませんか?
安いのには何かしらの理由が必ずありますよね。
今回はその謎に迫ってみたいと思います。


安いのには4つ理由がある

まず航空券の購入はシーズンによって波があります。GWや夏休み、年末年始は世間では一般はお休みとなり旅行に行く人が増えます。
そうすると必然的に航空チケットを購入する人も増えるので航空会社は一安心です。
一方で、閑散期というものも存在します。
一般的には6月や11月が閑散期にあたります。
この時は旅行に行く人が少なくなるので航空会社としては航空券の売れ行きが悪くなります。
なので、航空券を買って貰おうと安い価格にするのです。最安値もこのタイミングで出易いです。
2つ目はツアー旅行客用の航空券をバラ売りしているからです。
ツアー旅行客用の航空券はツアー会社にまとめて販売されます。
通常、ツアー会社はそれにホテルなどをセットにして販売するのですが、これを航空券のみで売るのです。
こらは言うならば回数券ですね。回数券はまとめて買うので1枚あたりの料金は安くなります。
それをバラ売りするので安くなるということです。
3つ目は航空券に有効期限や予約時の変更不可などの条件が付くからです。
これらは航空会社にとって都合の良い条件となりますので、その代わり安く販売するというものです。
そして最後にこの格安航空チケットは航空会社にとって好都合だからです。
??という感じですが、そうなのです。
通常、ANA航空券、JAL航空券、SFJ航空券といった航空券の価格は政府による許可が必要なのですが、格安航空券は航空会社からツアー会社に販売され、それがツアー会社より消費者に販売されます。
航空会社ではなくツアー会社が販売することになるので、政府の許可は必要ありません。
つまり、航空会社からすると余計な煩わしさがなく航空券を販売出来、市場のニーズの価格で販売出来るので、好都合なのです。
以上が格安航空券が格安たる理由です。
やはり何かしらの理由がありましたね。
格安航空チケットは非常に激安でお得ですので、是非ともご活用ください。

  ← 前の記事:
  
:次の記事 →