デメリットはあるのか?気をつけたいポイント

格安航空券はその安さが魅力で多くの方が利用していると思います。
しかし、その安さゆえに正直デメリットも存在します。
メリットばかり注目されますが、デメリットについてもよく理解して利用しないと後で思わぬトラブルとなります。
今回は格安航空チケットのデメリットについてお話ししたいと思います。

安さゆえに

格安航空チケットが安い理由はお分かりですか?
JAL航空券、ANA航空券、SFJ航空券などの普通運賃航空券の場合、日程変更やキャンセル可能と様々な融通が利きますが、格安航空チケットは一切利きません。
それゆえ激安なのですが、この他にも注意しておく点があります。
これらは旅行する際にとても重要な点ですので、よく注意して下さい。


時間が未定

まず、多くの格安航空チケットは直前にならないと出発時刻や到着時刻が決定しません。
出発時刻が直前に決まるのはまだ大丈夫だと思いますが、問題は到着時刻です。
例えば、到着時刻が午後、もっというと海外だと夜中到着なんてこともありえます。
そうすると当然到着した日は遊ぶことが出来ません。
でも遊んだり何も出来ないのにホテル代は掛かります。
航空券は安いのにムダに1泊分のホテル代が掛かり、結局料金が高く付いてしまったなんてことにもなりかねません。

直行便か乗り継ぎ便か

次に注意すべき点は、直行便なのか乗り継ぎ便なのかです。
直行便であれば、時間が最も掛からないので何も問題ありませんが、乗り継ぎ便だと余計な時間が掛かります。
さらに経由地での乗り換えに何時間も待たされるなんてこともありますので、肉体的にも精神的にも疲労が溜まってしまいます。
逆にトランジット時間で、空港外に出ることが可能な場合もあるので、活動的な人にとってはあえて乗り継ぎ便を狙うのも良いかもしれません。

格安航空券は航空券自体は安くなっていますが、きちんとプランも考えて予約購入しないと航空券以外のコストと時間をムダにしてしまいます。
旅行の割引コストはトータルで考えて如何に効率的に時間を使用するかです。
常に全体像を把握して、是非有意義な飛行機での旅行を楽しんで頂ければと思います。

関連記事:

:次の記事 →