格安航空券とは

最近は格安航空チケットで旅行をすると言う人も増えてきたと思います。
この航空チケットはその名の通り格安な為、ムダなコストを掛けずに旅行を楽しむ事ができ、かつ浮いたお金をホテル代やお土産代に回せるので、旅行のトータルコストパフォーマンスを上げる事ができます。
ただ利用されている方の中にも、本当にお得なのか?サービスが悪くなる分デメリットもあるのではないか?と疑問を持たれる方もいると思います。
価格が安くなる理由の一つに、旧型の機体を使用して価格を安く抑えているんじゃないの?安全性は本当に大丈夫か?というLCCと混同した認識の人もおり、疑問が拭えず、利用出来ないでいる方も居るようです。
今回はそんな疑問や不安をお持ちの方の為に格安航空券とは何か?というのを今一度おさらいしていきたいと思います。
これを読んであなたも上手に利用しましょう。

航空券の種類

ANA航空券、JAL航空券、SFJ航空券など航空各社が様々な航空券を販売していますが、航空券にはいくつかの種類があります。
航空会社により多少の違いはありますが、大きく分けて3つに分類されます。
普通運賃航空券:定価で販売される航空券です。
いわゆる普通に販売されている航空券のことです。
価格は他の割引航空券や格安航空チケットに比べると一番高いですが、日程の変更に融通が利くなど、柔軟性があります。
PEX航空券:航空会社が割引する航空券です。
航空会社は季節により閑散期と繁忙期があり、季節による飛行機利用客の波を小さくする目的で普通運賃航空券を割り引いて提供しています。
シーズン閑散期だと特にその割引率は大きくなり安くなります。正規割引航空券とも言われます。
格安航空券:ツアー用に航空会社が特別に用意した航空券で、それをツアー会社に卸してバラ売りされたものです。最安値になりやすいです。

それぞれの航空券のメリット・デメリット

価格についてですが、当然ながら普通運賃航空券が一番高くなります。
続いてPEX航空券、格安航空券の順番に安くなりますが、PEX航空券はシーズンによってはどの航空券よりも1番安くなる事もあります。
払い戻しについてですが、普通運賃航空券は払い戻し可能です。
PEX航空券は手数料さえ支払えば可能となります。
それ以外の航空券は原則不可です。
経路の変更ですが、普通運賃航空券は行き先を変えたいと思えば変える事は可能です。
他の2つの航空券は不可です。
普通運賃航空券は行き先を変えたりキャンセルしてもお金が戻って来たりと、価格が高い分、保証は厚いです。
反対に格安航空チケットは1度購入すれば、一切変更出来ませんしキャンセルしても返金もありません。
これがデメリットと言えばデメリットですが、行き先や日程が変更しないことが確定していれば、この航空チケットは激安でお得となります。

格安航空チケットはさらに分かれる

さらに3つの種類に分けられます。
1つはFIX航空券で、もう1つはOPEN航空券です。それからこの2つを組み合わせた航空券の3つとなります。
FIX航空券はその名の通り全てをFIX(固定)しなければならない航空券です。
購入時に往路便と復路便の両方を決めないと買えません。
勿論、日時も固定する必要があります。
旅行期間中に帰りの日を変更したいと思った場合、既に購入した復路便の航空券は捨てないといけなくなります(日時の変更が出来ない為)。
その代わりOPEN航空券より格安で買うことができます。
現状販売されている格安な航空券は大半がこのFIX航空券です。
一方、OPEN航空券は決められた期間内であれば、復路便の変更が可能です。
30日OPENと書かれた航空券であれば出発から30日の期間内で変更が可能です。
その分FIX航空券よりは高くなってしまいますが、旅行期間中に帰りの日を決めることが可能ですので、融通が利くと言えます。
その他、この2つの組み合わせでFIX/OPEN航空券というものもあります。
これはOPEN航空券と似ていますが、旅行期間中に復路便を1回のみ変更が可能な航空券です。
如何でしたでしょうか?
格安航空チケットと普段言っていますが、その違いは理解できましたか?
格安航空チケットは今ご説明した通り融通の利かない部分もありますが、使い方によっては格安航空券センターなども駆使して航空券代を安く抑えることができます。
旅行の楽しみは現地に到着してからという方は多いと思います。
どうせ飛行機に乗っても到着するまで寝ているだけという方、また移動に費用を掛けたくないという方は是非ともこれら格安航空チケットを利用したプランを考え、現地に着いてからのホテル代やお土産代にその分を有効に使いましょう。